リアルで使う英会話

オーストラリアのカフェでの注文の流れと実際に使われる英会話フレーズ

 

 

オーストラリアはカフェ文化が盛んで、本当に色々な可愛らしいカフェが並んでいます。

留学などで長期滞在する場合も旅行の場合も必ずカフェに入る機会はあると思うので
今回はどんな流れで注文するのか、カフェで使える英会話フレーズを紹介して行こうと思います!

 

オーストラリアのカフェで働きたいという方にも役立ちますので是非チェックしてみてください!

Emily English
Emily English
Emily English

注文の流れ

日本のカフェと同じようにオーストラリアのカフェにも【持ち帰り専用の小さなカフェ】【店内で座れるカフェ】がありますが、流れはほとんど同じです。

 

メニューを見てオーダーを決める

日本と同じように壁に大きなメニューボードがあるのでそれを見てまずはオーダーするものを決めましょう。

もちろん全て英語表記なので、どれがどの飲み物か分かるように主なメニューを載せておきますのでチェックしてみてください!

【主なホットメニュー】

Long black  (ロングブラック)

Cappuccino   (カプチーノ)

Flat white   (フラットホワイト)

Macchiato   (マキアート)

Caffe latte  (カフェラテ)

Caramel latte (キャラメルラテ)

Matcha latte   (抹茶ラテ)

Chai latte   (チャイラテ)

Hot chocolate (ホットチョコレート)

White hot chocolate (ホワイトホットチョコレート)

Caffe mocha (カフェモカ)

White chocolate mocha (ホワイトチョコレートモカ)

 

【主なコールドメニュー】

Iced coffee (アイスコーヒー)

Iced long black  (アイスロングブラック)

Iced mocha  (アイスモカ)

Iced chocolate (アイスチョコレート)

Smoothies (スムージー)

Shakes   (シェイク)

 

オーストラリアでブラックコーヒーはLong blackになります。日本と同じ感覚で”アイスコーヒー”と頼むとミルクと砂糖が入った甘いコーヒーが出てきますので注意してください。

Flat whiteはオーストラリアとニュージーランドで最もポピュラーなドリンクです。とてもクリーミーでおいしいので是非試してみてくださいね!

日本でいう”アイス”はIcedと表現します。

 

コーヒーを作るためのバリスタクラスがある語学学校はコチラ

カウンターで注文

オーダーが決まったらカウンターに向かい必ず挨拶するか、先に店員さんが挨拶してくれたら笑顔で挨拶し返しましょう!

「Hi, how are you?」

「Good, how are you?」

「Good」

これでオッケーです。

日本人がよく使いがちな「I’m fine thank you, and you?」は不自然なので使わないようにしましょう。

注文する際はこんな表現が使えます。

Can I have/get ~

Could I have/get ~

Could I please have/get ~

~の後に頼みたいドリンクを入れればオッケーです。
havegetどっちを使うかはご自由に選んでください!

Pleaseを入れたCould I please have/get ~はとても丁寧な表現ですが、この表現は注文の時以外でもたくさん使う機会があるので、知っておくと場面によって使い分けが出来ます。

一緒にショーケースのケーキやマフィンを頼む場合も同様に使えます。

 

次にサイズを選びましょう。

What size?」か 「Which size?」と聞かれますが大体が
【Small】【Regular】【Tall】のサイズ展開です。

お店によって違う場合があるのでそんな時は

What size do you have?」と聞きましょう。

とにかく一番小さいサイズや一番大きいサイズが欲しい時は

The smallest size you’ve got」「The biggest size you’ve got」 とも言えます。

 

スタバのサイズ展開は日本と同じですね。

 

サイズが決まると店内に座るか持ち帰りかを選びます(店内に席があるカフェの場合のみ)

Have here or take away?」と聞かれますのでどちらかそのまま答えて下さい。

※アメリカだと【For here or to-go】になります。

 

そしてお金を払っておしまいです。

持ち帰りの場合は受け取り場所で待ち、自分が頼んだ飲み物の名前を店員さんが言うので、自分のだったら受け取りに下さい。
店内で飲む場合は番号札を渡されるのでそれを持って席に座り、飲み物が来るのを待ちましょう。

持ち帰りの場合、店員さんが渡してくれる時に「Thank you, have a good day」と声を掛けてくれることがあるので「Thank you, you too」と返しましょう。

 

ちなみにスタバの場合日本と同じように名前を聞かれますが、日本人の名前はほぼ確実に間違われます。毎回どんな名前が書かれているか意外と楽しみですよ(笑)

 

ということでやり取りをまとめました。

店員さん「Hi, how are you?」

シマリス「Good, how are you?」

店員さん「good, thanks」

シマリス「Could I have flat white?」

店員さん「what size?」

シマリス「Umm…regular please」

店員さん「Have here or take away?」

シマリス「take away」

店員さん「4.5$」

~受け取り後~

店員さん「Thank you, have a good day!」

シマリス「thanks, you too」

 

オーストラリアに行く機会のある方は、是非参考にしてみてください!

 

 

 

A cup of tea」はオーストラリアのスラングで何て言う?