オーストラリア留学

年齢で留学を諦めるのはもったいな過ぎる理由

留学するということはとても大きな決断です。

特に社会人の方や、お歳を重ねている方だとリスクがありますし不安も大きく、内心留学に行きたくても諦めてしまっている方も多いかと思います。

でも本当はどこかで背中を押してほしい、飛びたいけど怖いバンジージャンプ飛ぶ前状態の方も多いんじゃないでしょうか。

留学で得られるものはたくさんあります。僕が崖に突き落としてあげましょう。

大丈夫です死にはしません。

 

 

年齢に関して

留学に行くには年齢的にもう遅すぎると思っている人間が多いです。

ありきたりな言葉ですが遅すぎるなんてことはありません

年齢のことを気にしがちなのは日本人な一つの特徴ですね。それはきっと大学に入って就活して新卒で入社するという仕組みがガッチリ出来ているからでしょう。

世界にはずっと旅を続けている人だっていますし、仕事を辞めて大学に通い直すのも普通です。先日、大学で会計学を勉強して会計士になったけど退職して大学で映画を学んでいるオーストラリアの方と知り合いました。日本で聞いたら凄い決断に感じますが、外国では特別でも何でもありません。

そもそも日本が年齢で人を判断し過ぎなんです。少なくともシドニーにいて年齢を聞かれることがまずありませんし、あなたが留学する国はもちろん日本ではなく外国です。誰もあなたの年齢を気にしませんし、むしろ歳を重ねてから留学をすることに関してCoolな印象を抱かれますよ。

 

学生が留学するメリット

学生の頃に海外へ行って生活し、若い頃から違う世界を見ることはとても価値のあることです。もしあなたが大学生で大学に交換留学制度があるなら、一生懸命勉強して留学の権利を勝ち取る価値オオアリです。奨学金が貰えるならなおさら。

学生は社会人と比べて自由が多いので、留学にも行きやすいと思います。若いうちから英語を勉強しておけば将来役に立つこと間違いなしです。

正直言って、大学時代に交換留学で海外に行くのが一番将来へのリスクが少なくベストな方法ですが、競争率が高いのが難点です。

もしどうしても行きたいけど交換留学は現実的じゃないという方は、休学して親に借金してでも行く価値はあると思います。

これを妨げるのがやはり23歳になる年に新卒で入社という凝り固まった制度。1年遅れで卒業したとしても新卒扱いを受けられるのにも関わらず、凝り固まった考えのせいでたった1年の休学が大きなリスクに感じてしまいます。

しかし、もしその1年で留学して劇的に英語力を上げられたのなら、その休学はリスクどころかプラスに変わります。将来の人生の選択肢を広げるための投資です。そういえば親御さんも分かってくれるはずです。

考えてみてください。

【留学経験なし英語力も高くないただの新卒】

【留学のため1年休学し1年遅れで卒業、英語力も高く留学経験あり】

企業が望む人材がどちらかは明白ですね。

もちろんきちんと努力して英語力を上げられたらの話です。留学行って遊んだら意味がありません。

 

社会人が留学するメリット

企業で働き始めてから退職し留学に行くのは勇気がいりますね。特に会社内での地位をある程度築いていたり、条件のいい会社に勤めていたりするとなおのこと。

学生時代に留学出来なければもう留学のチャンスはないと考えている人が多いと思いますが、そんなことはありません。むしろ社会人の方が学生よりも留学を成功させやすいです。

なぜなら

社会人は学生よりも英語の大切さを痛感している

退職までしてしまっているので絶対に成功させようと努力する

学生は最悪留学先で遊んで帰って来ても、そのまま大学卒業して就職し安定した人生を送ることが出来ますが

社会人の場合は会社まで辞めて留学が失敗に終わった場合、人生を台無しにする可能性があります。それが英語学習のモチベーションになるに違いありません。

僕が語学学校に通っていた時、同じクラスに68歳のイタリア人女性がいました。30代40代なんてザラです。そしてやはり彼らは若い生徒たちよりもやる気がありました。

 

 

人生経験が豊富で社会経験がある彼らは、英語の重要性や今自分が何をするべきかをよく分かっているからです。正直若者は遊び半分の人が多かったです。

お金の面で言っても社会人はしっかり貯金をしていれば学生よりもお金があるので、長いスパンで学校に通うことが出来ますし、貯金を切り崩せばアルバイトなどせず英語学習だけに没頭出来ます。これは本当に大きなアドバンテージです。

そして何より!

(留学してみたかったなあ……)と心に思い続けながら生きる人生にオサラバ出来ます。

心から留学したいのにも関わらず、諦め続け挑戦しなかったことが後悔として残り続けるのは辛いです。

もちろんただ留学すればいいというものではなく成功させなければ意味はないですが、留学を成功させた後の人生は全く違う景色に違いありません。

将来のための貯金を使わなければいけなくても、安定していた生活を捨てなければいけなくても、再就職のリスクがあったとしても、自分が本当にやりたいことをやりましょう。

 

全ての年齢層に言えること

自分と同い年だったり年下の人間が英語を話しているのを見て

(もっと早く始めておけば良かったな……)と思ったことがあると思います。

僕も、10代の頃から英語を始め20代前半でペラペラに英語を話している人たちに対して

(羨ましいな……なんでもっと早く始めなかったんだろう)と感じたことが何度もあります。

人と自分を比べるなとは言いません。比べないことが一番ですが、人と比べてしまうのが人間です。

それなら、逆の比べ方をしてみませんか?

例えばあなたは英語が全く話せないし分かりません。もちろん同世代や年下で英語を話す人はたくさんいます。

ですが思い切って今日から英語の勉強を始め、留学し努力すれば5年後に英語がペラペラになれるとします。

5年かあ……長いなあ……と思いましたよね。気が遠くなりますよね。

そこであなたの周りにいる5歳年上の知り合いを思い浮かべてみてください。英語がペラペラに話せる方いますか?

例えばあなたが20歳なら25歳の知り合い、40歳なら45歳の知り合いで英語がペラペラに話せる人が何人いるでしょうか。ほぼいないんじゃないですか?

遅いなんてことはないんですよ絶対に。

特に日本は英語を話せる人が少ないので余計にそう感じます。

1分1秒全てが英語を始めるタイミングです。

もちろん自力で勉強するのもいいですが、もし将来的に英語を使う職業に転職を考えているのならば、留学をしてしまうのも1つの手です。

当然ですが日本で自力で勉強するよりも英語を使う機会がたくさんありますし、英語に囲まれて生活することが出来ます。しっかりと努力すればみるみるうちに上達していきます。

もう一度言いますが

留学するのに遅すぎるなんてことありません!

 

留学先について

英語を勉強できる国はいくつかありますが、僕はオーストラリアをオススメします。

その理由はこの記事に書いてありますので読んでみてください。

 

Emily English
Emily English
Emily English

 

エージェントについて

僕はビザの申請など全て自力でやった方が英語の勉強になると思ったので留学エージェントは使わなかったのですが、今は親切なエージェントも多く色々と助けてくれると思います。

ビザの申請だけでなく、留学先や大学、語学学校などに関する相談に乗ってくれます。

留学に行く決をする前に無料カウンセリングを受けてみるのもいいですね。

もちろんエージェントなので留学することをオススメしてきますが、あくまでエージェントを利用するためでなく、留学に関する情報を色々と聞き出すために無料カウンセリングを使うという手もあります。なんせ無料ですから。

 

結局どこに行こうがあなた次第

オーストラリアを僕はオススメしますが、どこへ行こうが留学が意味のあるものになるかどうかは結局あなたの努力次第です。

アメリカ大学院留学 Special Package

今回僕は【英語を勉強するための留学】について話しましたが、もちろん海外生活を経験するためでもいいです。たくさんの発見があるに違いないです。

特に日本人は外国人との共存に慣れていないので、もしかすると日本人が最も留学からたくさんのものを得ることが出来るのかもしれません。

 

留学に行きたかったら、行きましょう