語学学校

【卒業生が語る】シドニーの語学学校『ILSC』の評価と実態

 

 

シドニーにはたくさんの語学学校があります。

 

それぞれに違った特徴があり、シドニー留学を考えている方はどの学校に通おうか悩みますよね。

 

僕の場合ワーキングホリデービザなので、日本から事前に語学学校に申し込んだわけではなく現地で見学して比べることが出来ましたが、学生ビザで留学する方は日本で通う学校を決めなければいけません。

 

本当に通う価値のある学校なのか、講師や授業の質は高いのかなど事前に確かめられないにも関わらず高いお金を払うのは不安ですよね。

 

僕が通ったシドニーにある語学学校ILSCいくつかの注意点を覚えておけば、凄くいい学校です。

 

その注意点も踏まえて詳しく説明して行こうと思います。

 

 

クラス分けや授業の仕組み

まずは皆さんが最も気になっているであろう『ILSC』がどういうシステムになっているのかを説明していきます。

その前に軽く入学日の流れをご紹介。

 

①入学日(授業なし)オリエンテーションに参加し説明を聞く

②入学テストを受ける(リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)

③受けるクラスを選択する

④学校内ツアーとして校内を回る

➄解散

 

※ちなみに入学テストは英語レベルを測るためのテストなので落ちたら入学出来ないというなんてことはありません。

 

英語レベル分け

入学テストの結果から英語レベル別に振り分けられ、英語レベルによって受けられるクラスが違ってきます。

ILSC』で採用している英語レベルの振り分けはこんな感じ。

 

B1,B2  (ELEMENTARY) 

B3,B4  (PRE-INTERMEDIATE) 

I1,I2  (INTERMEDIATE) 

I3,I4,A1,A2 (UPP-INTERMEDIATE)

 

BBASIC(基礎)INTERMEDIATE(中間)AADVANCED (上級) の頭文字です。

基本的にB4I1以上だと基礎的な英語は身に付いていると判断されます。

 

レベルの振り分けはリーディング、ライティングのレベルとスピーキングのレベルを平均した結果で行われるので

例えばリーディングやライティングがI4レベルだったとしてもスピーキングがB2だと、結果はI1I2辺りになるでしょう。

 

中にはI2以上の生徒しか受けられないなど、レベル制限が設けられているクラスがあるので入学テストは全力で臨みましょう。

 

1term(期間)の長さ

基本的に1つのクラスで4週間英語を学ぶことになります

第4週目にテストやクラスによってはプレゼンテーションがあり、充分な成績を残せば上のレベルに上がることが出来ます(レベルが落ちることはありません)

レベルが上がっても上がらなくとも、次に受けるクラスを選びまた4週間同じクラスで英語を学びます。

 

授業の時間帯、長さ

時間帯は主に【モーニングクラス】【アフタヌーンクラス】【イブニングクラス】から選べます。

 

モーニング :午前8時30分~午後1時00分まで(内30分ランチ休憩)

アフタヌーン:午後1時15分〜午後5時15分まで

イブニング :午後5時30分〜午後9時30分まで

 

ランチ休憩は11時15分から45分までで、午後1時に終わるのでその後の時間を自由に使えるところが魅力ですね。

早起きが苦手な方はアフタヌーンやイブニングでももちろんいいですが、アフタヌーンクラスは時間的に中途半端ですよね。

イブニングクラスは終わるのが遅くなってしまいますし、飲食店で働くとなるとディナータイムに出て欲しいと頼まれることが多いので仕事探しの際に困るかもしれません。

 

コースの種類

主に【フルタイム】【パートタイム】【インテンシブ】に分かれており、上記で紹介した時間帯がフルタイムの時間割です。

【パートタイムコース】の場合

モーニングクラスだと午前8時30分~11時15分、週4日

アフタヌーンクラスだと午後1時15分~17時15分、週3日

イブニングクラスにパートタイムコースはありません。

学生ビザの方はパートタイムで通うことは出来ませんのでご注意ください。

 

【インテンシブコース】の場合

月~水曜日が8時30分~1時

木、金曜日が8時30分~17時15分

他のコースと比べて長くなっています。

インテンシブコースには他のコースだと受けられないたくさんコースがありますし集中的に学びたい方にオススメです!

 

選べるクラスの種類

ILSCにはたくさんの種類のクラスが存在します。

まず大きく【コアクラス】と【スキルクラス】に分かれます。

 

モーニングクラスの場合1日の前半がコアクラス、休憩後がスキルクラスになり

アフタヌーンクラスとイブニングクラスの場合、月~水曜日がコアクラスで木曜日と金曜日がスキルクラスです。

 

コアクラスでは一般英語やビジネス英語、アカデミック英語など大きなジャンル毎に分かれており

スキルクラスではリスニング&ボキャブラリークラスや発音にフォーカスしたクラスなど細かいスキルを学べます。

 

個人的なILSCの評価

ワーキングホリデー中ILSCに14週間通い感じたことを良い部分悪い部分も含めて紹介して行こうと思います。

 

英語環境の度合い

この学校には【English only】というポリシーがあります。

学校内に入った瞬間に英語以外の言葉を話してはいけないという決まりですね。

もし話していることがスタッフに見つかってしまった場合、最悪(学生ビザの場合)政府にしっかりと勉強していない旨を報告されてしまいます。

 

ですが僕が感じた実際の雰囲気は、ほとんどの生徒がこのポリシーを守っていません

日本人だけではなく皆それぞれの母国語を普通に話しているので、あまり意味のある制度だとは思えませんでした。

スタッフも四六時中監視していられるわけではないですし、見つけたとしても講師によっては軽く注意するくらいで基本的には見逃していました。

ですが実際に停学処分になっている生徒もいたので、制度があるのとないのでは多少違ってくるのでしょう。

もちろん母国語が通じない相手とは英語で話すしかないので、英語を全く使えないというわけではありません。

それに母国語を話している生徒の中には英語がすでにペラペラレベルで話せる生徒もいるので、彼らからすると母国語で話してたら英語が上手くならないなんて心配する必要がないんですね。

 

※緊急で家族と連絡を取らなければいけない場合などのために、母国語で話していい部屋が用意されています。

 

日本人の割合

ILSCは有名で人気なだけあって日本人の割合は比較的多いです

クラスによっては日本人が少ない場合もありますが、クラスメイトが誰なのかは授業が始まってみないと分からないことなので日本人が少ないクラスを選ぶことは出来ません。

日本人だけに囲まれて勉強しなければいけないなんてことは起こりえないですが、数人の日本人と同じクラスになる可能性は極めて高いです。

僕は最終的に5つのクラスを経験しましたが、日本人がいなかったのはそのうち1クラスのみでした。

そして入学してみれば分かると思いますが、日本人は特に日本人同士で固まっています。日本人と掛かるなとは言いませんが、英語だけを真剣に学びたいのなら日本人を避けることも必要になってくる環境です。

 

ちなみに日本人の入学などをサポートしてくれる日本人カウンセラーが在籍しているので、入学手続きや入ってからの相談などは日本語で出来ます。

 

一般英語クラスの実態

僕が経験したクラスは

【一般英語】(コアクラス)
【発音&コミュニケーション】(スキルクラス)
【ケンブリッジ英検オープンコース】
【ケンブリッジ英検クローズドコース】

の5つです。

通った期間はというと

【一般英語】【発音&コミュニケーション】に2日間。

【ケンブリッジ英検オープンクラス】に3日間と3週間。

【ケンブリッジ英検クローズドクラス】に11週間。

見ての通り入学早々2日間でクラスを変更しました。

※この学校では第1週目の水曜日と金曜日にクラスの変更が出来ます。第2週目が始まってしまうと変更は出来ません

一般英語はその名の通り基本的な英語スキルを平均的に伸ばしていくクラスなのですが、とにかくユルいです。授業ペースも遅いですし内容も薄いと感じました。

僕は入学テストの結果I2レベルで入学したのでI2レベルの生徒が集まる一般英語クラスでした。難易度もそこそこ高かったですが、それでもユルかったですね。

基本的に優しく丁寧に教えるように教育されているのかもしれませんね。

発音&コミュニケーションクラスも正直お遊びにしか感じませんでした。内容はというと、英語を使ったゲームをしたりクイズをしたり、最後に少しフリートークをしたりとそんな感じ。

言い方は悪いですが、どうしてこんなクラスにお金を払わなければいけないんだろうと感じ、すぐにクラス変更しました。

リラックスした雰囲気で気楽に英語を学びたい方には良いのかもしれませが、個人的にはオススメしません。

 

一般英語にはプレゼンテーションをするクラスがあるので、一応ノートパソコンは持って行くことをオススメします。

 

 

ケンブリッジオープンクラスの実態

【ケンブリッジ英検】という資格が存在するのはご存知でしょうか。

主に欧州で知られている英語力を証明するための資格です。最もメジャーなのはIELTSですがケンブリッジ英検も近年では専門学校などに入学の際に英語力の証明として使用できるようになってきています。

日本ではあまり知られていませんが徐々に知名度が上がってきていますね。

 

ILSCにはこのケンブリッジ英検を学べるクラスがいくつかあり、その1つがオープンクラスです。

なぜオープンクラスと呼ばれているかというと、もう1つクローズドと呼ばれるクラスが存在するからなのですがそれについては後で説明します。

 

結論から言いますがこのクラスは凄く良かったです!

特に強く感じたのが

英語力を上げたいなら資格を取る取らない関係なく資格を取るクラスに入るべき!

ケンブリッジ英検にはUse of Englishと呼ばれる文法とボキャブラリーを問うパートとリーディングパート、リスニングに加えてライティングとスピーキングもあります。

ケンブリッジ英検を勉強するということはこの全てを勉強するということです。加えてクラスメイトはとてもモチベーションが高く、形式としては試験合格を目指すクラスなので試験日を目標に早いペースで授業が進んでいきます。

講師の方も頻繁に生徒に話を振って英語を話す機会を与えてくれますし発音も直してくれます。このクラスに変更して最初の授業で「このクラスだけで全部一気に勉強できるじゃん」と
感じたのを覚えていますね。

そしてこのクラスに入ったからといって試験を受けなくてはいけないわけではありません。実際ただ英語力を上げたいというクラスメイトもたくさんいました。

さらにILSCの試験対策コースはコアクラスとスキルクラスに分かれておらず、ひたすら試験に向けて同じクラスで勉強することになるので(前半と後半で講師は違う)クラス移動もありません。

色んなクラスを経験して友達をたくさん作りたいという方には向いていないかもしれませんが、このクラスに入れば確実に英語力アップが望めます!

 

ケンブリッジ英検クローズドクラスの実態

オープンクラスと同じでケンブリッジ英検対策のためのクラスですが、約3ヶ月間同じクラスで集中的に試験対策を行うクラスです。

クローズドと呼ばれているのは、通常1カ月ごとにクラス替えがこのクラスには無いからです。3ヶ月間同じクラスメイトと勉強することになるので深く打ち解けることが出来ます。

このコースがILSCで最も通う価値のあるコースです。


全てのクラスを経験したわけではないですがハッキリと言い切れます。その理由はこのクラスを教えている男性講師が本当に素晴らしかったからです。

 

イギリスの方なのですが、とにかく教えるのが上手いです!
特に文法のレッスンは本当に分かりやすいかつ楽しくて、文法通り正しくスピーキングをしたい方にはうってつけのクラスです。

厳し過ぎずリラックスし過ぎず、メリハリもあって退屈もしません。集中的なクラスなだけあって英語力もモチベーションも高いクラスメイトに囲まれた11週間はあっという間でした。

結局試験は受けませんでしたが、このクラスのおかげでI2からA1レベルまで英語力を上げることが出来ました。

最後のスピーキングテストを風邪で休んでしまったのが原因か、スピーキングをBにされてしまいオールAを逃したのが悔しいですが……。

※N/A = Not assessed (評価なし)

もちろん具体的な試験のコツなども学べます。オリジナルの試験対策テキスト(教材費が追加で掛かります)もクオリティが高いですし、このクラスを終えた直後に本試験の日程が来るように調整されているので、1番コンディションの良い状態で試験を受けることが出来ます。

皆さんが入学する頃、まだ彼が講師をやっているかは分かりませんが、もしやっていたら是非挑戦してみることをオススメします!

 

※試験対策コースは大体がI2レベル以上限定のコースですのでご注意ください。

文法があまり好きではないという方にはこの記事がオススメ!

評価とまとめ

 

個人的な評価としては

クラスによっては通う価値のある語学学校

です。

学校全体の雰囲気や居心地は凄く良かったですし、モダンな内装でFreeWi-Fiや電子レンジ、大きな冷蔵庫など設備も整っています。

良くも悪くも講師の方々は優しい方ばかりで人気なのが頷けますね。

だからこそ英語力を伸ばすには自分自身が自分に厳しくする必要があるでしょう。

ちなみに僕の場合14週間で合計5000AUS$でした。
これを高いと思うか安いと思うかは、英語力をアップさせて結果を残せるかどうかです。

僕の場合、初めはやっぱり高いなと思いましたが大分英語力をアップさせられたことを考えると価値はあったのかなと感じています。

学費を安くするのは難しいですが、安く感じるように努力することは出来ますね。

 

【まとめ】

・入学テストでどのレベルに入れるかが重要

・4週間ごとにクラス替え

・時間帯に迷うならモーニングクラスが無難

・学生ビザでパートタイムコースは不可

・日本人の割合は比較的多い

・日本人カウンセラー在籍

・母国語を話している生徒はたくさんいる

・第1週目の水曜日と金曜日にクラスの変更可

・気楽に学びたいのなら一般英語がオススメ

・英語力アップしたいなら試験対策コースがオススメ

 

よく海外の語学学校に留学してもお金の無駄という主張を目にしますが、一生懸命勉強すれば必ず英語力はアップします!

語学学校に入って後悔したくない方はこの記事もチェックしてみてください。

 

 

ILSCの学費や立地、設備などを詳しく知りたい方はここから