オーストラリアで部屋探し

オーストラリアで簡単にネイティブのルームメイトを見つける方法

 

 

オーストラリアで英語力を上げるには英語環境に身を置くことが大切ですよね。

① 職場環境

② 友人

③ 自宅

この3つを全て英語環境に出来れば最高ですが

ローカルジョブを見つけるのは簡単なことではないです。

 

Emily English
Emily English
Emily English

 

ネイティブの方で気の合う友人を見つけるのも簡単ではないですね。

 

 

ですがネイティブのルームメイトを見つけるのはそんなに難しくありません。

むしろ簡単に見つかります!

家は毎日帰る場所ですし、帰ったら英語で話せる相手が同じ家にいるのは理想の環境ですよね。

ちなみに僕は今までに3階引っ越しましたが、住んだ家全てにネイティブのルームメイトがいて日本人と住んだことは1度もありません。

 

部屋の探し方

オーストラリアで住む部屋を探す方法はいくつかあります。

どの方法を使うかによってネイティブのルームメイトを持てるかどうかに関わってくるので注意してください。

 

日本のサイトを使う

オーストラリアで部屋を探す日本人のためのサイトはいくつかあります。

もちろんルームメイトは日本人になりますが、英語を学ぶためではなくただ海外生活を楽しむために行くのなら日本人と住むのもアリだとは思います。

確かに日本人同士の方が安心出来るという点では頷けますね。

ですが日本人用のサイトでもたまに詐欺があるらしいので気を付けて下さい!

 

友人の家の空き部屋を紹介してもらう

友人の家に空き部屋があり、大家さんが住む人を探しているのなら紹介してもらえる可能性があります。

その友人から家の環境やルームメイトのことなど事前にチェック出来ますし、詐欺に引っかかる心配もないので安心です。

ですが冒頭で申し上げた通り、ネイティブの方々と打ち解けるのは簡単なことではなく

結局紹介してくれる友人と言ったら語学学校で知り合った日本人くらいでしょう。

 

ホームステイ

皆さんもきっと最初の数週間か数ヶ月間はホームステイを考えているのではないでしょうか。

ホームステイならオーストラリアの方と住むのは簡単ですが部屋を借りるよりも家賃が高いです。

資金が十分あるなら可能ですが、あまり現実的ではないですね。

ホームステイ先を探すならHomestay.comがオススメ!

使い方はコチラ↓

 

ホームステイをするならお土産を持って行くのを忘れずに!

自分でネットで探す

オーストラリアに留学やワーキングホリデーを考えているけど

「どうせ日本人だらけだろうしな……」

と心配になっている方、何の心配要りません。

 

確かにオーストラリア、特にシドニーは日本人だらけだという記事をよく目にしますよね。

歩いていると日本語が聞こえてくるだとか……

 

しかし僕が抱いた印象はというと

 

日本人そんなにいない

 

実際にはたくさんいるのでしょうが、驚く程日本人に出会いません。

そうです。日本人が多いと感じるかどうかは、どういう環境に身を置くかによります。

日本人が多いと感じるのはそういう環境にいるからですね。

 

僕はシドニーに移住する前に自分からは一切日本人と関わらないと心に決めました。

もちろん時々日本人と日本語で会話することは悪いことではないですしリラックスになるのかもしれませんが、僕は徹底したかったんですね。

 

そこで1番気を付けたのが部屋探しです。

【ルームメイトの歴史】

1部屋目 イギリス、フランス、ドイツ

2部屋目 オーストラリア×2、ベトナム

3部屋目(現在)オーストラリア、シンガポール、台湾

今まで一緒に住んだルームメイトはこんな感じです。

全員英語がペラペラで最高の環境でした。

 

部屋探しでオススメの方法は2つ。

 

Facebook

王道の方法です。ルームメイト募集の投稿が部屋の写真付きでたくさん載ってます。

親切な投稿だと、既に住んでる住人の出身、年齢、職業まで載せてくれているものもあり、日本人がいない家を探すのも難しくないです。

 

「家探してるから良い部屋あったらメッセージして」と自分で投稿し、コメントを待つ方法もありますがこの方法で気を付けてほしいのが

 

詐欺!!

 

Facebookには詐欺がたくさんいます。

部屋探しの際に出会う詐欺の見分け方についてはこの記事で説明しています。

 

 

詐欺さえ気にしなければFacebookは規模でいったら一番大きいので、たくさんの部屋を見比べられます!

 

Sydney room】のように調べればたくさんのグループが出てくるので参加しましょう!

 

Gumtree

仕事探しにも使えるGumtreeは部屋探しにも使えます。

万能なサイトですね!

部屋の数で言えばFacebookには劣りますが、比較的安全です。

ですが部屋の詳細がしっかりと書かれていない場合や、部屋の画像があまりにも嘘っぽく加工してあるようだったら気を付けて下さい。

内見に行ってみたら全く写真と違うなんてことが起きてしまいます。

 

Flatmates.com

最も安全なのが(詐欺がいないという意味で)このサイトです。

 

現地の電話番号を登録しなければいけないので、現地の電話番号を手に入れたらすぐに登録しましょう!

 

使い方はいたって簡単。

部屋を探したいエリアと予算を記入するだけです。空き部屋がリストアップされ、掲載主と直接コンタクトを取ることが出来ます。

 

基本的にこのサイトは無料ですが

有料アップグレードをしないとコンタクトを取れない掲載主もいます。

 

女性専用のアパートやハウスもあり、比較的に綺麗で安いです。

このサイトで探していると気付くかと思いますが「おっ、この部屋綺麗なのに安い!」と思って見てみると

 

female only(女性専用)】

 

と書いてあってガッカリするパターンが良くあります。

女性にとっては嬉しいですね。

 

ちなみに僕は引っ越し先全てFlatmates.comで見つけました。

 

日本人はテナントとして人気です。

 

Emily English
Emily English
Emily English

 

大家さんはとにかくパーティピーポーを嫌います。うるさくしたり部屋を汚しかねないからですね。

その点、日本人は静かで綺麗なイメージを持たれているので安心して部屋を貸せると思われています。

 

今の僕の部屋は凄く広くて値段もそんなに高くなくラッキーと思っていたら、後になって大家さんにこんなことを言われました。

 

「たくさんの人が住みたい!ってメッセージくれたんだけどさあ、日本人はYOUだけだったんだよ。もうそれで即決だね。YOUに最初に内見に来てもらおうって」

 

 

嬉しい気もしますが、若干差別的な響きもありますね……

 

 

【Facebook】【Gumtree】【Flatmates.com】全て英語で探して英語で相手とやり取りする必要があります。

全部英語と聞くと確かに不安ですが、ネイティブと暮らすためには避けて通れない道です。

 

直接会って交渉するわけではなくテキストでのやり取りなので、分からない英語はネットで調べながら話を進めることは出来ます。

僕も部屋を探す過程で色々な単語や表現を知りました。

そしてそれは暗記作業とは違って自分の経験と結びつくので記憶に残ります。

 

オーストラリア生活でずっと同じ家に住むということはないと思うので、1部屋目で慣れておけば2部屋目はもっとスムーズに自信を持って英語で部屋探しが出来ますね。

 

英語環境を作って英語力アップを目指しましょう!