オーストラリア留学

オーストラリアで外国の方に渡すと本当に喜ばれる日本のお土産特集

 

オーストラリア留学やワーキングホリデーを控えている方!

 

ホームステイ先や現地の友達に持って行くお土産に頭を悩ませていませんか?

せっかくなら喜んでもらいたいですよね。

 

今回は、外国の方が喜ぶ日本のお土産を紹介しようと思います。

 

 

外国の方が喜ぶお土産特集

 

様々な国の方に喜んでもらえるにはまず【Made in Japan】であることが大切です!

 

日本の製品は外国でも評価が高く

日本で作られたものだというだけで喜ばれる方もいらっしゃるくらいですから誇らしいですよね。

 

ポイントは”日本を感じさせるもの”です。

 

 

扇子

 

扇子は和のイメージが強く見た目もクールです。

特にオーストラリアや気温が高い国へ行くのなら、実際に使えるのでより喜ばれます!

 

寒い国でも扇子は飾っておくだけで素敵なので万能ですね。

 

日本に詳しい外国の方からすると扇子はやはり京都のイメージらしいので

現地に仲の良い友人がいらっしゃるのなら、値段は張りますが本格的な京扇子をプレゼントするのもオススメです。

Made in Kyoto!」と伝えれば喜んでくれること間違いなしです!

 

僕も実際に京扇子をお土産として持って行きましたが、凄く喜んでくれました。

 

 

 

文房具

 

日本の文房具は性能が良いことで有名です。

 

「文房具は絶対にMuji(無印良品)で買う」と僕の友人も言っていました。

僕らにとっては当たり前になっているのかもしれませんが、日本の製品は凄く使いやすいんですね。

 

現地の学生さんでも社会人の方でもペンやノートだったり文房具を使う機会は必ずあると思うので

実用的なお土産になります。

 

 

 

アニメグッズ

 

 

外国の方々にとって【日本といえばアニメ】と言ってもいいくらい、アニメは絶大な人気を誇ります。

もちろん人によって好きなアニメは違いますが、日本でメジャーなアニメは基本的に外国でもメジャーです。

 

僕が思うに、特に『NARUTO』『東京喰種』『進撃の巨人』あたりが人気です。

あとは『ラブライブ』などの可愛い女の子のキャラがたくさん出てくるアニメや、ポケモンも変わらず人気ですよ

 

タオルや缶バッチだったり、何でも良いのでアニメのグッズを持って行きましょう。

現地にアニメ好きのお友達がいらっしゃるなら、どのアニメが好きか事前に聞いておくとグッド!

 

アニメのコラボグッズならAMNIBUS

 

 

マンガ(日本語版)

 

アニメに興味を持つと当然マンガにも興味を持ってくれます。

 

現地でも日本語版のマンガは手に入りますが日本の何倍も値段が高いですし、都心まで行かないと置いていません。

 

もちろんシリーズ全部を持って行く必要はなく、一巻だけでいいんです。

日本語が読めるかどうかなんて関係ありません。日本語版のマンガを持っているというだけで嬉しく思ってくれますよ。

 

日本で買えば400円程度ですが、海を渡れば凄く価値が上がるのでコスパも高いと言えますね。

 

 

お菓子

 

オーストラリアは食品の持ち込みに凄く厳しいですが、申告すれば持ち込める食品もあります。

入国カードの食品持ち込みを申告する欄に必ずチェックを入れましょう。

 

日本のお菓子でお土産の定番をいえばキットカットですが、キットカットは現地でも買えます。

日本の方が味のバリエーションは多いですし珍しい味もありますが、もっと違うモノをあげたいという方にオススメなのが

 

【もち系】のお菓子!

 

オーストラリアの日本食スーパーには必ず大福などお餅を使ったお菓子が置いています。パン屋さんにも置いているほど人気ですよ。

和菓子といえば大福のイメージがあるんですね。

ですが中に入っているのはあんこではなく、抹茶クリームやストロベリークリームなどが多いです。

あんこは好き嫌いが分かれるからでしょうか。

 

お土産なのでチャレンジしてもらう意味でも、あんこの大福を持って行くのもいいですね。

 

 

 

日本茶

 

特にオーストラリアは、日本よりも紅茶やコーヒーを飲む文化が盛んです。

スーパーにもGreen teaは売っているのですが、日本茶とはやはり味が違うので

お土産で持っていけばきっと喜ばれますよ。

 

 

湯呑み

 

スーツケースのスペースに余裕のある方は湯呑みもオススメ!

日本に旅行に行ったことのあるオーストラリアの友人で、湯呑みを買って帰ったという友人が結構いました。

 

持って行く際に割れてしまわないか気を付けなければいけないのが少しネックですが

和っぽい柄のものをお土産として渡せばスペシャルなお土産になりますよ。

 

ちゃんとした湯呑みを買うとなると値が張りますが

DAISOなど100円ショップでも購入できるのでチェックしてみてください!

 

 

今の時代、箸は世界的に使われています。

 

日本食でいえばやはり【寿司】と【ラーメン】が人気ですが、どちらも箸を使いますね。

 

オーストラリアでもラーメンはとにかく人気です。毎日ラーメンを食べてる方もいらっしゃるくらい。

 

和っぽい柄のケースもセットで持って行けば、気に入ってもらえます。

何より実用的ですね。

 

 

ちなみに外国の方が箸を使えることに対してオーバーリアクションするのはやめましょう。

箸を使える外国の方なんて今の時代どこにでもいますし、「当たり前でしょ」と返されてしまいます(実体験)

 

 

桜柄のモノ

世界的に桜は日本の象徴として有名ですね。

オーストラリアでも桜を見るためのお祭りが開催されるほど人気です。

 

 

桜のポストカードや、桜柄のハンカチなど何でも喜ばれます。

 

 

 

東京ラスク・ヨックモック

 

最後にベタで申し訳ないですが

東京ラスクは名前に『Tokyo』とついていますし、小分けになっているので大勢に配りやすいです。

ヨックモックのお菓子も同様に小分けになっていますし、色々な種類のお菓子詰め合わせもたくさんあります。

ホームステイ先のご家族が大家族の場合や、語学学校でクラスメイトに配りたい場合に適しています。友達を作るきっかけにもなります!

何より万人受けする美味しさなので、お土産で無理に冒険したくない方にオススメです。

 

 

 

 

 

 

お土産を持って行かなければ失礼になるとは言いませんが

渡して喜んでもらえたら自分もとても嬉しい気持ちになります。

 

渡すときには

This is something for you」と言葉を添えて渡しましょう。

 

 

皆さんのお土産が喜んでもらえることを祈っています!