ワーキングホリデー

オーストラリアで日本人が時給40ドル稼げる職業

 

 

しかも英語も使えます。

その職業とは……

 

 

 

 

『Tutor』です。

 

 

 

Tutorとは家庭教師のようなもの

 

オーストラリアには日本語を学びたいと思っている方がたくさんいらっしゃいます。

そんな方々に個人的に日本語を教える仕事です。

 

ただ、家庭教師のように家に行って教えるとは限りません。

カフェだったりレストランだったり海沿いのベンチだったりどこでもです。

個人的にSNSなどで生徒とコンタクトを取りスケジュールを決めていくので、空いてる時間にサクッと教えられます。

そして何といってもお金が良いです。

基本的に生徒になる方はオーストラリアの働いている方か小さいお子様なので、本当、たくさん払ってくれます(笑)

人によっては1時間40ドル以上!!時給40ドルですよ。

特にお子様に教える場合、もちろん親御さんが払ってくれるわけですが

お子様は凄く簡単な日本語を勉強しているので教えるのも簡単でお金が良い=最高

 

GumtreeかFacebookで生徒を募集する

 

Facebookは皆さんご存知ですね。

日本語と英語の言語交換グループなどに生徒募集の投稿をしましょう。

興味がある方がいればコメントかメッセンジャーからコンタクトを取ってきてくれます。

言語交換に関してはこの記事で紹介してます

関連記事:

 

Gumtreeはこちらの記事で紹介したオーストラリアの有名な求人サイト。

Facebookのグループに投稿するよりも、オーストラリア中の方が見ているサイトなので生徒が見つかる可能性が高いと思います。

 

ちなみに僕が投稿したものはこんな感じでした

 

 

若干まだ文法がおかしいところがあってお恥ずかしいですが……

一言日本語で「こんにちは」などといれておくとより目を引くと思います。

 

頂いたメッセージの一部も載せておきますね

 

 

 

 

英語のミスは見逃してください……

やり取りは英語ですが、向こうは日本語を勉強したい方々なので英語が出来ないことにも寛容です。むしろ日本語を使ってやり取り出来ると喜んでくれるかも。

 

英語が出来なくても安心

 

お子様や日本語が初心者レベルの方には、もちろん全て英語で教えなければいけません。

英語が出来る方にとっては練習になっていいですが、まだちょっと……という方にとっては少しきついですね。

しかし、中には大学で日本語を専攻していた方もいます。

上に載せた写真のメッセンジャーでメッセージをくれた方がそうでした。卒業してから日本語を使う機会が減り、忘れてしまうことを恐れていたところ僕の投稿を見つけたそうです。

そういった方は日本語だけで充分にコミュニケーションが取れるので英語が出来なくても心配しなくて大丈夫です!

人によって何を伸ばしたいのかは異なります。スピーキング、リーディング、JLPTに受かりたいなんて方もいます。基本的に教えるのは難しくないです。テキストを一緒に解き進めていったり、スピーキングの場合、会話しながら不自然なところを訂正したり。

楽しく外国の方と会話しながら日本語を訂正するだけなんて……最高かよ

労働対価で言えば、トップレベルです。

 

 

あくまでセカンドジョブ

 

もちろん『Tutor』1本で生活することは不可能ですが

週1時間でも月160ドルです。2人生徒を持てば月320ドルなんてことも

スケジュールが立てやすく掛け持ちしやすい。人に何かを教えるという貴重な経験が出来る

挑戦してみる価値オオアリです!!

気になった方は、僕の投稿の文章を丸パクリしてでも、とりあえずGumtreeやFacebookに投稿してみてはいかがでしょうか

 

※学生ビザの方へ。Tutorの仕事はもちろんTaxジョブではないので、週20時間プラスアルファでTutorとして働けます。キャッシュジョブをやるより違法感も少なくオススメです

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました

ツイッターとインスタグラムをフォローしてくれたら飛んで喜びます

 

 

 

Cya!